Bonjour(ボンジュール) from 北野町

岡本典子つねこのお菓子教室


海水が道から湧き出てます。


あちこちに千羽鶴
これからも支援を続けるべき
現地を訪ねないと忘れてました。
多賀城よりずいぶん遠いです。
屋上にしがみついた手すりごと流されてます。


重要文化財 お米屋さん


気仙沼の桑茶
桑茶を製造販売されてる佐藤さんです。パウダー状があると言うことでお菓子に利用するアイデアが宿題です。


気仙沼のあなご
明石のあなごの何倍サイズ?巨大!食べごたえありそう。


晩餐会
さすが気仙沼!フカヒレとうに丼


お造り 気仙沼の小料理屋丸子さんで右手前フカの心臓


気仙沼の起業されてる方と学生の食事しながら交流会


スポンサー
今回のツアーの岡本商店街の団長さんの田中さんです。阪急岡本の南側に気仙沼マタダインがあります。今集まってる方の商品が販売されてます。


気仙沼商店の会長さんインテリア会社の赤間さん。
気仙沼は全て流されて今は鍋で炊いて手作りしてるので 心のこもった本物なんです!
枯れた花は摘み取り綺麗な街にします。と、力強いスピーチでした。


宴会からライブに


ディスカッション
お食事の後学生ちゃんと迫力あるコミュニケーション!


テレビではこの巨大な船舶が打ち上げられた津波のエネルギーの恐ろしさが伝わりますが、この辺り一帯が閑静な住宅地で、家が一瞬浮いて流され船も流れて、 更に波に引き戻されて このまま止まったそうです。乗組員さんはここで救助されたとのこと。


昨夜は室根高原の大東ふるさと分校のコテージに宿泊しました。霧雨が出発のとき上がり、この風景。
今日も起業されてるマルシェなど向かいます。



片付いた町です。


9月9日 StudioFINEのゆっこさんのご主人 勝部延和先生のお能を観賞してきました。「 葵上」 の六条御息所を舞われました。
始めは嫉妬する生霊となり、後は般若の面に変わり葵上を襲い、激しく祈祷の僧とせめぎ合うシーンです。
身近に勝部先生の舞を拝見でき 足の運びから身体が震うほどの怒りの表れ、美しい装束のデテールを存分に観賞いたしました。

夏から秋の訪れを告げるがごとく、朝は虫の声。あんなに元気だった蝉も耳を澄ませば途切れ途切れにつくつくぼうしが、遠くで聞こえるだけになりました。

四季の移り変わりの微妙な時ですね。

西岡容子ちゃんのお料理も秋めいていました。

宮保牛肉 お肉と茸のオイスターソース炒め

鍋巴干貝白菜 おこげにジューッジリジリッと濃いスープをかくて 音と香ばしさがgood!

梨と大根と新生姜のセンチェ おめでたの生徒さんのために生姜を加えて冷え対策!

夏の終わりはちょっぴり寂しいですが、Yoko’s Kitchenで楽しく 吹っ飛びました!


Studio FINE から今月のレシピが届きました。いつもピシッとバランスのとれたレシピにリライトして頂いて感謝です

薗先生のお料理のお稽古。
牛肉のビール煮込み
カマンベールチーズのサラダ
プチトマトのマリネ
バジルのシャーベット



煮込み料理習嬉かったです。お肉をしっかり焼いて、デグラッセして、玉葱をとろとろに炒めて・・ヨーロピアンのマダムの家庭料理っていう感じ。
カマンベールのフライは白カビの食感を残し、とろ~り!
プチトマトはバルサミコで更に甘みを増して、幾つでもいただけちゃいます。
デザートのソルベはアイスグリーンでお味も爽やかでした。私の教室でもみんなにお披露目したいです。


SHION SYMPHONY ORCHESTRA 20th ANNIVERSARY CONCERT
生徒さんの宮本有香さん所属のオーケストラのコンサートを楽しんできました。
シンフォニーホールはほぼ満席でモーツァルト セレナーデ第5番に始まり、2
部はマーラー交響曲第7番「夜の歌」でした。宮本さんはVioloncello。
ダイナミックなオーケストラの演奏に感動しました。
宮本有香さん有難う!

底紅むくげとひきおこしです。



朱美ちゃんの和菓子教室初回。
月見団子と道明寺羹を教えて頂きました。
お団子は生地を蒸してから、浮粉と水を加えて練るのですが、想定外の力が必要でびっくり!
道明寺羹は、緑の色素にお抹茶を加え、小豆を散らして、時間差で固めました。
糸寒天は水でもどすのに一晩かかるということで、吸水した状態で準備していただいてました。
完成したお菓子を隣のお茶のお稽古の席で皆で戴きました。
もちろん美味しかったです。