Bonjour(ボンジュール) from 北野町

岡本典子つねこのお菓子教室


せめてお迎えするの玄関を爽やかに。
ヒオウギの花のあとの?を買ってみました。


生姜の焼き菓子にイチジクのコンフィチュールをサンドして、フロマージュブランとクリームチーズのクリームをあわせて、フルーツを飾りました。
かこちゃんのリクエストで生姜のチーズケーキをいただきました。
生姜の酵素が強くて、今回は生地に生姜を効かせました。

サブレは庭のローズマリーを入れたパルメザンチーズ味と レモンとエダムチーズです。
saléとsucrésの2種類

アイスはパッションフルーツ
酸味を和らげるため、ココナッツとマンゴーのピュレのソースを添えました。


宮本有香さんがチェロを担当される紫苑交響楽団のオーケストラをなよちゃんと北山みでドライブしました。
宮本さんから、素晴らしいバイオリニストが演奏されると、伺ってましたので、合わせて楽しみでした。
Stradivariusの至近距離での生演奏は初めてかもしれません。音色 響き 一つの楽器とは思えない、美しく重厚さがありました。
アンコールの独奏は聞き入りました。心地よいというか、耳が勝手に分析するような、前のお席でしたので、奏者の玉井菜採先生のゴージャスな動きと音色を目の当たりにして感動しました。
宮本さんも私達をステージか目を合わせて下さり、手を振ったり。
次のコンサートを楽しみに、帰途に着きました。
有香ちゃんありがとう!

待ち合いにて、母の歳を尋ねられ、91と正直にお話したところ、せなかを向けたご婦人にお茶の91はまだまだです。100歳でなんとか…

いつもは下座になる畳が空いていて、4人揃って座った。そこはなんとお正客の席(大汗)
私正客 なよちゃん次客の巻

————————————————————————

38度だったようですが、皆さんよく頑張りました!
ちなみになよちゃんは昨夜のクラッシックコンサートもご一緒! フォーシーズンズホテルに3時にチェックインして、くつろいでからコンサートへ赴き、そして翌日お茶会 なんて!
あったらいいね(^^)

————————————————————————


萩が咲き乱れるお庭を愛でつつ、澄心亭へ

————————————————————————

秋菊をテーマにされたしつらい

————————————————————————


ススキ ワレモコウ ダンギク オミナエシ ナデシコ ハイビスカス

————————————————————————

 

先生のメニューは秋です。
ヘルシーで、カロリーを気にしないご馳走メニュー!!

生揚げのきのこあんかけ

————————————————————————

茄子の梅肉かけ

————————————————————————

海老団子のお澄まし

————————————————————————

鯵のお寿司

————————————————————————

このところお庭のお花を生けて、生徒さんをお迎えしています。
ノウゼンカズラは雨を感じさせないほど、元気にしてくれます。でも、一日花。

  
今年も猛暑の8月でした。にもかかわらず、大勢の生徒さんが、北野町の山まで、お越し下さりました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

————————————————————————

幸ちゃんのお写真を使わせていただきます。

————————————————————————

幸ちゃんのお写真
容子ちゃんのおかげで 皆さんに喜んで頂いた
バタフライピーの涼やかなゼリーは皆さんを魅了しました。

————————————————————————

似たテーズのタルトレットをレッスンしていますが、様々な赤いフルーツを味わっていただきました。

————————————————————————


吉田さんご夫妻とお子様方
急なお客様に喫茶去という事で、雪輪盆を使ったお点前のお稽古を致しました。

今日は幾分涼しくなり、京都観世会館へお能を観に行きました。


ゆっこさんのご主人様が 隅田川のシテ(狂女)を舞われました。
かどわかされて、行方知らずになった我が子を探し求める母が、ようやく隅田川で、子の情報をえるのですが、一年前にこの地で亡くなっていました。子を憐れんで仏事が催されるところに出くわす。子の亡霊が現れるが抱くこともならず、やがて子が塚に消えるという筋。
能を観て、涙することはなかったのですが、深い悲しみに暮れる母とあどけない白装束の子の舞に、ジーンときました。